認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果

 

どうも〜こんにちは、さくえです。

 

 

運動不足による影響は肥満や冷え性
うつになりやすいといった弊害以外にも

 

認知症、アルツハイマーといった
病気を引き起こしやすくなるといいます。

 

 

超高齢化社会と言われて久しい日本ですけど
少子高齢化の流れは更に加速しており

 

今後も認知症、アルツハイマーを
発症する人は増えていくだろうとされています。

 

 

しかし、認知症やアルツハイマーなどの
病気を予防、改善していく上で

 

運動することがとても効果的であることが
分かっているといいますね。

 

 

今回は認知症、アルツハイマーを予防する
運動療法の効果などについて見ていきたいと思います。

 

認知症、アルツハイマーについて

 

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果

 

まず認知症、アルツハイマーについて
少し詳しく見ていきましょう。

 

 

最初に認知症についてですけど
これは病名というわけではなく

 

視界に入るものを認識して記憶する能力や

 

 

物事を判断する能力部分に
何らかの障害が発生し

 

日常、社会生活を送るのが
難しくなってしまう状態を指します。

 

 

認知症には脳血管性認知症
レビー小体型認知症といった種類が存在しますけど

 

その中でもアルツハイマー型認知症は
日本の認知症を引き起こす原因の
6割以上を占めているといいます。

 

 

アルツハイマー病は
脳の中でも記憶を司っている
「海馬」を中心に脳全体が徐々に萎縮していき

 

脳にアミロイドβ、タウと呼ばれる
特殊なタンパク質が溜まって

 

そこから脳の神経細胞を変化させる
壊してしまうことで減少させることで
認知機能に数々の障害を引き起こしていきます。

 

 

徐々に進行していく認知症であり
初期の段階では軽い物忘れで済んでいた状況も

 

次第に体験した事そのものを
記憶する事が出来なくなっていき
思い出す、という事が出来なくなっていきます。

 

 

判断能力も著しく低下し
何をどうすればその結果に
繋がるかの判断もできなくなるので

 

日常生活を送っていくことすら
困難な状況になっていきます。

 

運動することで有害なタンパク質を減少できる?

 

さきほど脳にアミロイドβ、タウと呼ばれる
特殊なタンパク質が溜まることで

 

脳神経が壊されていき
認知機能に障害が発生すると書きましたけど

 

 

自発的に運動を行う事によって
これらのタンパク質を作る

 

酵素「GSK3ベータ(GSK3β)」の
活性化を阻害する効果が
出てくることが分かったといいます。

 

 

更に運動をする事によって
筋肉細胞から出てくるホルモンによって

 

海馬の神経細胞を活性化させたり
神経伝達物質機能を向上させる

 

神経栄養因子を増やすことが
できるといいます。

 

どういった運動療法が効果的?

 

そして認知症、アルツハイマーを
予防、改善していくうえで効果的とされるのが

 

ウォーキングやジョギング
サイクリングといった有酸素運動が
良いことが判明しているといいます。

 

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果

 

あと、ヨガや太極拳などゆったりした動きで
身体全体の血行を改善できる運動も

 

海馬で新しくできる神経の数を
増やしていけるので効果があるとされています。

 

 

だいたい週に150分程度の運動を
行うと良いとされていますけど

 

週1回に強くて長めな運動をドカンと行うよりも
楽しみつつ継続して行っていく事が大切なので

 

 

30〜50分程度の有酸素運動を
週に何回かに分けて行っていければ理想的ですね。

 

運動と音楽を組み合わせていくと更に効果的

 

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果

 

あと運動のみで体を動かしていくよりも

 

運動にプラスして
音楽も組み合わせていくことで

 

運動だけを行った時よりも
音楽と組み合わせて運動を行っていった方が
認知能力が向上したといいます。

 

 

運動をしながら、耳から音楽を聴いて
曲のリズムに合わせて体を動かしたり
手を叩いたりするといった行動は

 

曲のリズムと自分の体の動きや
動作が合っているか
判断しないといけないですし

 

常に自分の動きを修正して
音楽に合わせていく必要があります。

 

 

これはなかなかどうして認知能力を
鍛えていくうえで効果的な方法といえます。

 

 

 

更にプラスしてそこに
歌を歌うといったプログラムも組み込むと

 

歌詞を読みつつ発生するといった行動も
発生するので脳の活性化に繋がっていきます。

 

 

ゆったりした動作で行える
ラジオ体操などに合った曲をチョイスして
歌を歌いながら体を動かしていくといいですね。

 

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果まとめ

 

はい、今回は認知症やアルツハイマーを
予防する運動療法などについて
その効果など見ていきました。

 

 

認知症の中でもアルツハイマー病を
患ってしまった場合運動不足な状態で
何の対策もしていかないでいると

 

色んな事を忘れて
記憶できない状態へと陥っていきます。

 

 

そういった状態を予防
改善していくうえでも体を動かす
有酸素運動は効果的といえますから

 

まずは軽い散歩から始めていきましょう。

 

 

更に音楽を流しつつ体操をするなどして
定期的に脳を刺激して活性化していくことも
忘れないでください。

 

ではでは。

関連ページ

骨粗鬆症の予防に運動が効果的!骨に負荷をかける運動って?
骨がもろくなる骨粗鬆症の予防について、効果のある運動について書いています。
運動不足からの息切れを解消!息切れを治す方法とは?
運動不足からの息切れについて、解消法や息切れを治す方法について書いています。
若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?
若返りホルモンについて、運動すれば増えるのかという点や、若さを保つ運動などについて書いています。
運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには
運動不足が老化を促進させる点や老化による筋力低下を改善する方法について書いています。