若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?

若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?

 

 

こんにちは、さくえです。

 

 

毎日デスクワークが続く中
ふと気づいたら顔にしわやシミが
出てきているのに気付いたり

 

なんだか妙に疲れやすい・・

 

 

こういう事を感じ始めると

 

 

「歳をとったなー・・」

 

 

とか思ってしまいがちですけど

 

 

それでも年齢以上に
若く見えるという人も多いのも事実。

 

 

 

この見た目や肉体の状態を
若く保つために必要になってくるのが
若返りホルモン(成長ホルモン)との事ですが

 

この若返りホルモンは
年齢とともに減少していく傾向にあるんですね。

 

今回は若返りホルモンと運動の関連性
若さを保つのに良い運動などについて
見ていきたいと思います。

 

若返りホルモン(成長ホルモン)とは?

 

若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?

 

まず若返りホルモンについてですけど

 

これは年齢を重ねていくごとに
分泌量が減少していく「成長ホルモン」の事です。

 

 

脳の下垂体前葉から分泌される
成長促進に必要となってくるホルモンで

 

成長期には骨や筋肉を成長させる
ホルモンとして割と有名です。

 

 

子供の成長期の時期に
分泌量はピークを迎えまして

 

成人してからも代謝や血行の促進
筋肉や骨を作ったり老化を
防止したりといった効果があります。

 

若返りホルモン(成長ホルモン)の主な作用について

 

若返りホルモン(成長ホルモン)は
成長期に分泌量のピークを迎えるので

 

子供の成長に関係する部分に注目しがちですが
大人にとっても大切となってくる
ホルモンだったりします。

 

 

主な作用としては以下の通り。

 

 

・身長を伸ばす

 

・筋肉や骨を作り丈夫にする

 

・代謝の促進

 

・老化の防止

 

・脂肪分解の作用

 

・骨粗しょう症の予防

 

・肌のターンオーバーの促進

 

 

若さを保つといった部分に着目するなら

 

若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?

 

筋肉や骨を丈夫にする

 

老化の防止や骨粗しょう症の予防

 

代謝、肌のターンオーバーの促進あたりが
関係してきそうですね。

 

 

成長ホルモンの分泌量が減っていけば
それだけ血流の悪化や新陳代謝が
悪くなるといった状態を引き起こすので

 

骨がもろくなったり
見た目もなんだか老けて見えてしまう
代謝が低下するので太りやすくなる・・

 

 

こういった具合に
老化の症状が顕著に表れてきます。

 

若返りホルモン(成長ホルモン)の分泌を促進させるためには?

 

成長ホルモンが分泌されるタイミングを知る

 

若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?

 

よく夜の10時〜2時の時間帯は
睡眠のゴールデンタイムとされ

 

この時間帯に寝ると成長ホルモンが
多く分泌されるといった情報を目にしますけど

 

 

実のところ、これ
決まった時間帯はないとされています。

 

 

眠りにつくと深い睡眠の「ノンレム睡眠」と
浅い睡眠の「レム睡眠」を
90分周期で繰り返していくわけですけど

 

 

成長ホルモンは眠りに入ってから
30分〜1時間後・・

 

ノンレム睡眠の中でも特に
深い眠りの時に多く分泌されるといいます。

 

 

なので大切なのは寝る時間よりも
睡眠時帯の質を高めることなんですね。

 

 

睡眠の質を高めるなら

 

 

 

・寝る前にパソコンやスマホは見ないようにする

 

・お風呂に入る時は湯船でじっくり体を温める

 

・照明は白熱灯のように暗めの光源にしておく

 

・寝る2〜3時間前までには食事は済ませておく

 

 

 

このように就寝前の過ごし方に注意するようにしましょう。

 

運動はスロートレーニングがおすすめ

 

若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?

 

スロートレーニングとは読んで字のごとく

 

 

「ゆっくりとした動作で行う運動」

 

 

の事を指します。

 

 

ゆっくりした動作を継続していくと
筋肉などに「乳酸」が溜まっていき

 

ハードなウェイトトレーニングを
しているのと同じような状態になってきます。

 

 

そしてこの乳酸が成長ホルモンを
分泌させるための鍵でもありまして

 

 

筋肉に乳酸が溜まる事で
その信号が脳へと伝わって

 

脳から脳下垂体へ成長ホルモンを
分泌させるための信号が送信されることが
分かっているといいます。

 

 

初心者の方でも取り組みやすい
スロートレーニングは以下のトレーニングなどがおすすめです。

 

 

「スクワット」

 

 

筋トレの中でも比較的有名なトレーニングですね。

 

スロートレーニングのスクワットなので
通常のスクワットよりも
気持ちゆっくりめに行っていきましょう。

 

「クランチ」

 

 

クランチとは腹筋運動の事をさします。

 

スロートレーニングでの腹筋は
3秒ほどかけて上体を起こしていき
また3秒ほどかけて下げていく

 

これを10回繰り返して1セットとして
2〜3セット行うのが理想です。

 

「カーフレイズ」

 

 

人によっては「かかとの上げ下げ運動」の方が
馴染みやすいかもしれません。

 

ダンベルを持っていますけど
最初はペットボトルに水を入れたもので
代用してもいいかと思います。

 

 

重さに慣れてきたら5〜6kgと
少し重めのダンベルなどを用意して

 

ふくらはぎに負荷がかかるような
状態にしていきましょう。

 

 

これも3〜4秒ほどかけながらつま先立ちになり

 

つま先立ちを1秒キープ

 

その後3〜4秒ほどかけつつかかとをおろして
床に完全につけずにまた上げていきます。

 

 

この動作を10回繰り返して1セット。

 

だいたい2〜3セット行うのが理想となります。

 

若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?まとめ

 

はい、今回はそんな感じで

 

若返りホルモンと運動との関係性
若さを保つ運動とは何か?
そのあたり紹介していきました。

 

 

カーフレイズあたりは歯磨きをしながらとか
仕事の休憩時間の合間とか

 

空いた時間で行える
トレーニング方法でもあるのでおすすめですかね。

 

 

最近見た目が老けて見えるとか
なんだか疲れやすいかも・・

 

そういった場合は運動不足によって
若返りホルモン(成長ホルモン)の分泌が
減少しているからかもしれません。

 

 

今からでも遅くないですから
スロートレーニングを行う事を習慣化していって

 

老化の予防対策など行っていきましょう。

 

ではでは〜。

関連ページ

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果
認知症、アルツハイマーを予防する運動療法、その効果などについて書いています。
骨粗鬆症の予防に運動が効果的!骨に負荷をかける運動って?
骨がもろくなる骨粗鬆症の予防について、効果のある運動について書いています。
運動不足からの息切れを解消!息切れを治す方法とは?
運動不足からの息切れについて、解消法や息切れを治す方法について書いています。
運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには
運動不足が老化を促進させる点や老化による筋力低下を改善する方法について書いています。