運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには

運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには

 

どうも〜こんにちは、さくえです。

 

 

先日運動することによって
若返りホルモン(成長ホルモン)が
増えるといった内容を紹介していきましたけど

 

それは逆に言ってしまえば
運動不足になると老化のスピードが
速まっていくという事でもあります。

 

 

筋肉は加齢と共に減少していきますから
何の対策もしていないと筋力低下で
歩くことが億劫になっていったり

 

血流の悪化によって必要な栄養が
全身に届かなくなり

 

そこから肌トラブルや骨が
もろくなる骨粗しょう症を発症したりといった
老化によるトラブルを引き起こしていきます。

 

 

今回は運動不足と老化の関係性
筋力低下を改善する運動方法など
見ていきたいと思います。

 

では、いってみましょー。

 

活性酸素が増えると老化が促進する?

 

運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには

 

老化の改善や予防といった項目を調べていくと
だいたいアンチエイジングといった単語を
目にするようになりますけど

 

 

アンチエイジングの部分を調べていくと
老化の原因部分にはだいたい
「活性酸素」が関係してきます。

 

 

活性酸素は体内に取り込んだ
酸素の約2%が変化したものを指し

 

ある程度の量は
体内に侵入してきた最近やウィルスなどを
撃退する際に必要となってくるのですが

 

 

その強すぎる酸化作用は増えすぎていくと
今度は体内の正常な細胞までも
酸化させていってしまいます。

 

この流れが「老化」を
引き起こすとされていますね。

 

 

ミトコンドリアの減少が活性酸素を増やす?

 

運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには

 

人間のみならずほぼ全ての生物の細胞内には
「ミトコンドリア」が存在します。

 

 

ミトコンドリアは摂取した栄養や
呼吸などから得た酸素によって
エネルギーの生成を行っています。

 

 

ミトコンドリアから作られる
エネルギーによって細胞は活発に動き回り
肉体も若々しい状態を保っていくわけですが

 

 

ミトコンドリアの数が減少していくと
活性酸素の数が増えていき
これが老化の状態を加速させてしまうといいます。

 

 

つまり、活性酸素を必要以上に増やさないためには
ミトコンドリアを増やしていけばいいという事になるんですね。

 

 

そのためには体内に
エネルギーが足りていない状況を作って

 

エネルギーを作らせる方向に
持っていく必要があります。

 

 

この状況を作るのが「適度な運動」というわけです。

 

 

ではミトコンドリアを活性化させる
老化の予防となる運動はどういったものがいいでしょうか。

 

老化防止に良い運動

 

有酸素運動の中でもウォーキング

 

運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには

 

有酸素運動の中でもかかるストレスが少なく
比較的続けやすいものとなるとウォーキングあたりが適役です。

 

この場合ダラダラと歩くのではなく

 

 

「早歩きに3分、普通のペースで3分」

 

 

これを1セットとして少し汗をかくか
軽く息切れする程度の運動量が理想的です。

 

 

逆に思い切り息切れするといった
状況になると過度な運動量になって

 

体にとって逆にストレスとなるので
老化防止の効果が半減してしまう
恐れが出てきます。

 

踏み台昇降運動

 

少し高めの台に上がって下りる・・
これを繰り返す運動を踏み台昇降運動
といいますね、

 

 

昇って降りるといった単純な動作を
繰り返すあたりとても地味ですけど

 

太ももの裏側から
お尻にかけての筋肉を鍛えてほどよく汗もかける。

 

 

あと自宅で出来るので時間がない人でも
取り組みやすいといったメリットがあります。

 

 

踏み台の高さはだいたい30cm程度が目安ですけど

 

最初はその場で足踏みしていくだけでもいいですし

 

 

慣れてきたら10pずつ台の高さを増やして
汗ばむ程度に取り組んでみてください。

 

スクワットや片足上げ運動

 

 

筋トレの中でも有名なスクワットは
足腰をしっかり鍛えつつ
インナーマッスルも鍛える効果があるので

 

姿勢を正していき
老化防止への効果が期待できます。

 

 

 

 

更に加齢とともにでてくる
つまづき転倒の予防にもなるのが
お尻周りの筋肉を鍛える筋トレ法。

 

足を上げる動作をする時には
お尻の中臀筋という筋肉を使っているので

 

ここを鍛えていくことで
老化の予防にも繋がっていきます。

 

運動不足は老化を促進させる?老化による筋力低下を改善するには・まとめ

 

はい、今回は運動不足と老化促進の関係性と
老化による筋力低下の改善に
効果のある筋トレ方法など見ていきました。

 

 

老化の促進には活性酸素が関係しており
その活性酸素が増えすぎないようにするためには

 

 

適度な運動によってミトコンドリアを
活性化させていけばいいという事になります。

 

 

毎日仕事で忙しい中で運動する習慣を
確保するのはなかなかに大変かもしれません。

 

 

その場合は通勤や通学の手段を自転車に切り替えたり

 

エスカレーターやエレベーターは
なるべく使わず階段を使って
ふくらはぎの筋肉を鍛えたり・・などなど

 

 

日常生活の中でも運動を取り込める
タイミングは必ずあるはずなので

 

少しずつ運動の習慣をみにつけて
老化の予防に役立てていきましょう。

 

ではでは〜。

関連ページ

認知症やアルツハイマーを予防する運動療法の効果
認知症、アルツハイマーを予防する運動療法、その効果などについて書いています。
骨粗鬆症の予防に運動が効果的!骨に負荷をかける運動って?
骨がもろくなる骨粗鬆症の予防について、効果のある運動について書いています。
運動不足からの息切れを解消!息切れを治す方法とは?
運動不足からの息切れについて、解消法や息切れを治す方法について書いています。
若返りホルモンは運動すれば増える?若さを保つ運動とは?
若返りホルモンについて、運動すれば増えるのかという点や、若さを保つ運動などについて書いています。