飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

 

こんにちは〜さくえです。

 

 

先日お酒好きな人ほど
日ごろから運動しておいた方が

 

アルコール依存症になるリスクが
下がるといった事を書きました。

 

 

そして飲酒した後や二日酔いになった際
早めにアルコールを抜くために運動して汗をかこう。

 

と思う人も中にはいるかもしれません。

 

 

しかし実際のところ
飲酒、アルコールを摂取した後や

 

二日酔い状態で運動をしてしまうのは
かなり危険な行為に分類されるようです。

 

 

今回は飲酒後、二日酔い時に
運動するのはどうして危険なのか?

 

そのあたり見ていきたいと思います。

 

運動することでアルコールは排出されない?

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

飲酒後に運動して汗をかくことで
体内のアルコールを抜いて早めに酔いをさます・・

 

一見すると効果がありそうな気がしますけど
実のところこれ意味がありません。

 

 

お酒、アルコールを摂取すると
肝臓で代謝される際に作られるのが
アセトアルデヒド。

 

毒性の強いこのアセトアルデヒドは
汗を出す汗腺からは出てこない
構造になっているんですね。

 

 

なので運動して頑張って汗をかいても
血中のアルコール濃度や

 

アセトアルデヒドの濃度が
下がることはないんです。

 

飲酒後、二日酔い時に運動するのが危険な理由

 

脱水症状を起こしやすくなる

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

アルコールには尿を作るのを妨げるホルモン・・

 

抗利尿ホルモンというものを
抑えこむ働きがありまして

 

通常よりも多くの水分が
体外に出ていきやすくなります。

 

 

お酒を飲んだ後は妙に
トイレが近くなったりしませんか?

 

あれはアルコールの利尿作用が
働いているからといえます。

 

 

口から摂取した以上の水分が
体の外に出ていってしまうので

 

飲酒後、二日酔い時は
とにかく体の中の水分が不足している状態です。

 

 

そこで汗をかくような運動を行うと
余計体内の水分が体外に出ていってしまうので
脱水症状を引き起こしやすくなるわけです。

 

 

ちなみに汗をかく行為といった点では

 

飲酒後、水分補給しないまま
熱いお風呂に入るのも同じように体内の水分が
外に出ていってしまうので危険とされていますね。

 

ドロドロ血液の状態を悪化させる

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

↑に書いたように
アルコールには利尿作用があるので

 

体内の水分が必要以上に
体外に出ていってしまいます。

 

 

体内の水分が足りなくなるという事は
血管内の血液中の水分量も不足するという事なので

 

飲酒後、二日酔いの時は血液がドロドロな状態です。

 

 

そこに運動によって汗をかけば
更に水分が不足するという事態になるので
ドロドロ血液の状態を更に悪化させる事になります。

 

アルコールの代謝スピードが落ちる

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

アルコールの分解が肝臓で行われる際
血液は肝臓に集まっている状態です。

 

しかし有酸素運動などの運動を行う事で
筋肉の方に血液がいってしまうので
肝臓に割り当てられる血液量が減ります。

 

そうなると肝臓の働きが低下するので
アルコールの代謝スピードも下がるわけです。

 

酔いが回りやすくなり怪我する危険が増す

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

飲酒後の運動はただでさえお酒本来の力で
身体が温まった状態になっているので

 

そこに運動をすると
お酒の周りが一気に早まります。

 

 

酔いが回った状態は
平衡感覚が乱れているだけでなく

 

正常な判断力や周囲への警戒心なども
弱くなっているので思わぬ怪我や
事故に繋がる危険性が増します。

 

飲酒後、二日酔い時のアルコールを早めに抜くには?

 

水分をたくさんとる

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

飲酒後すると水分が不足している状態になり

 

そこに運動をしてしまうと
余計に水分が不足して危険な状態となる・・

 

 

こういった時に早めにお酒を抜くには

 

「とにかく水分を摂取して尿として出す」

 

これが一番だといいます。

 

 

血液中に残っているアルコールを早く循環させるのにも
血液の水分が足りていないと効率が落ちますからね。

 

1杯のお酒に対して1杯の水を飲むことが
二日酔いをひどくしない方法だともいいます。

 

肝臓サポートに良いオルニチンを摂取

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする

 

しじみなどに含まれるオルニチンはアミノ酸の一種で

 

 

・有害物質の解毒促進作用

 

・肝機能の向上作用

 

 

といった効果があり

 

 

アルコール解毒の仕事で
手一杯になっている肝臓をサポートしてくれます。

 

なのでしじみの味噌汁とかは
アルコール代謝を高めるのに良いわけですけど

 

食べ物だけで十分なオルニチンを摂取するのも難しいので

 

オルニチンが高配合されている
サプリメントを摂取するのも良い手段といえるでしょう。

 

飲酒後や二日酔い時に運動するのは危険?早く解消するにはどうする・まとめ

 

はい、今回は飲酒後や二日酔い時に
運動するのは危険な理由などについて紹介していきました。

 

 

お酒を飲んだ後に運動して
脱水症状なんかになってしまったら
最悪命の危険に関わる可能性もあります。

 

 

なので飲酒後、二日酔いの際には無理に運動しないで

 

たくさん水分を飲んで尿としてどんどん排出して
アルコールが完全に抜け切るのを待つのが近道といえるでしょう。

 

 

まあ何より飲み過ぎないのが
一番なわけですけどね。

 

お酒はほどほどに楽しんでください。

 

ではでは。

関連ページ

アルコール依存症や予防には運動がいい?
アルコール依存症の予防、改善には運動がいいのか?について書いています。